Jazzing → おおたか静流 → 高田渡

Jazzing は、ご存じ山本容子さんのジャズ絵本。
我らが谷川賢作さんが音楽プロデュースをしている。

賢作さん関連のCDでこれだけギターが入っているものを初めて聴いた。(僕だけ??)
アドリブが出来ていいなぁ・・・と打ちのめされながら、聴いている。
僕は、譜面通りのことしかできないので、(それも怪しいが・・・)アドリブを出来る人がとてもうらやましい。
自分の器の小ささを感じてしまう・・・がんばろっと!!

おおたか静流さんのは「Sugar Land」というCD。
とてものんびり、ゆったり出来る。
気持ちが焦っているときなんかは、とても癒されてしまう。
沖縄行きたいなぁ・・・。
ギターの生徒さんに貸し出したりすると「パティロマが弾きたいですぅ・・・。」と言う声が帰ってくる。
コードをコピーしたのでみんなで歌おうぜ!!

波照間で人生観変わった、かべちゃん、絶対聴くべし。
(名指ししてしまった、すまん。)

高田渡さんのCDは、一年間くらい出張していて帰ってきたものでライブ版である。
大好きな「スキンシップブルース」まで入っている。
昔、ライブで渡さんが畳の模様の入ったTシャツを着ていて、「これなら、いつでも畳の上で死ねますよ。」と言って笑っていたことを思い出す。
CD を聴いているとまた来年、また渡さんが来てくれそうな気がしてしまうのである。
ちょっと悲しいが、今頃になっていろんなことを感じさせてくれる。


This entry was posted in 音楽室 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

2 Responses to Jazzing → おおたか静流 → 高田渡

  1. おーちゃん says:

    アドリブ、変な音出たら~なんてつい考えてしまって・・
    そうなると怖くなってしまいます。
    でも、できるとかっこいいですよね。
    がんばろっと!!CDも聴きたいな~。
    沖縄、いいですよ!私もまた行きたいな~。

  2. かべちゃん says:

    「Sugar Land」ですかー、サトウキビのことかな?
    いっぺんネットで検索して聞いてみるね~
    波照間、また行きたいっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です