死んだ男の残したものは

先日図書館で借りた武満徹さんの作品の中に「死んだ男の残したものは」が入っていた。
先日も書いたとおり「東京混声合唱団」による合唱である。

実を言えば、その何週か前にも「保多由子さん」の CD を借りている。
その中にもこの曲が入っていた。
(ギタリスト、鈴木大介さんのプロデュースで、この曲はギター伴奏。)

何という曲だろう、何という詩だろう。

BGM として聴いているのだが、この曲になると仕事にならない。
聴き入ってしまう。

この曲を僕が知ったのは「石川セリ」さんの CD なので1995年11月くらい。
涙が止まらなくて、何度も聴いた覚えがある。

多分、マイミクの皆さんはもっと昔から知っていたでしょう。

どうせなので、持っている音源ならべて聴いてみた。

やはり・・・どれもいい。

仕事中は、この曲外さないといけない・・・。

武満徹さんも谷川俊太郎さんもすごいや。

ふと・・・パリャーソがこの曲演奏したら、どんなになるんだろうと考えてしまった。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in 音楽室 and tagged , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to 死んだ男の残したものは

  1. あんとん says:

    > TapTapさん
     やってくれるかなぁ・・・パリャーソとしてでは、何となくやってくれない気もするけど。
     小室さんと一緒の時にはやってるよね。
     作手の森に行きたかったけど、仕事で行けなくなっちゃったよ。
     かなしいーーー。
    > しまっちさん
     重たいですよね。
     でも、これを武満さんは「政治的にではなく愛染かつらを歌うように歌って欲しい。」って言ってましたね。

  2. しまっち says:

    他には何も残さなかった・・・・。
    なんと重々しい詩だろう。
    ここまで痛烈な反戦歌を聴いたことがありません。

  3. TapTap says:

    次回のパリャーソライブでリクエストしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です