PHP 5.3.5 インストールと設定

■WordPress をローカル環境で構築しようと思ったのだが、それまで使用していた php5.0.5 は不具合があるらしく、現在最新の PHP 5.3.5 をインストールした。
ダウンロードから設定までの覚え書き。

■ダウンロード
http://www.php.net/downloads.php より最新版のPHPをダウンロード。

PHP ダウンロード 01

最新版PHPの「WindowsBinaries」にあるhttp://windows.php.net/download/と書いてあるリンクをクリック。

PHP ダウンロード 02 PHP ダウンロード 03

この中の VC6 x86 Thread Safe (2011-Jan-06 18:56:08) Zip [13.26MB] をダウンロードした。

  1. ApacheでPHPを使用するならVC6を使い、IISでPHPを使用するならVC9を使う。
    Apacheで利用するので「VC6 x86 Thread Safe」を使う。
  2. Non Thread Safe とThread Safe の違い

    簡単に言うとCPUの中で同時に動いている別々の処理機構であるスレッドが、1つの動作中のプログラムを効率よく処理しようとしたときに不具合を起こさない様に作られたものを「Thread Safe」といい、1つのプログラムが同時にCPU内のスレッドを使う事に対応していないのが「Non Thread Safe」と言う事になるらしい。

    こちらを参考にさせて頂いた。
    ふぁいんどぱわー 調べる人の冒険!(チラシの裏よりチョット上)

■ファイルの移動
Apache 2.0.55 を使用していた時は、「php.ini」を「C:\Windows」に、「php5ts.dll」を「C:\Windows\system32」に、を移動していたが、Apache 2.2.17 からは、移動の必要なし。

■php.ini の変更点

  • 226行目:short_open_tag = On
  • 277行目:output_handler =mb_output_handler
  • 772行目:default_charset = “Shift_JIS”
  • 807行目:extension_dir = “C:/anton/php/ext”
  • 950行目:extension=php_gd2.dll
  • 954行目:extension=php_imap.dll
  • 957行目:extension=php_mbstring.dll
  • 959行目:extension=php_mysql.dll
  • 993行目:date.timezone = Asia/Tokyo
  • 1081行目:SMTP = bar.domain.com
  • 1083行目:smtp_port = 587
  • 1087行目:sendmail_from = foo@domain.com
  • 1749行目:mbstring.language = Japanese
  • 1755行目:mbstring.internal_encoding = EUC-JP
  • 1759行目:mbstring.http_input = auto
  • 1764行目:mbstring.http_output = SJIS
  • 1772行目:mbstring.encoding_translation = On
  • 1777行目:mbstring.detect_order = auto
  • 1782行目:mbstring.substitute_character = none;

みどり色の文字は、コメントアウトのみ。
その他は値の変更あり。


This entry was posted in アプリケーション and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です