さよならをもう一度 (アメリカ Goodbye Agein)

今日の絵画はイングリッド・バーグマンの「さよならをもう一度 」。
フランソラーズ・サガン(仏)原作の「ブラームスはお好き」らしい。

さよならをもう一度

制作年度:1961年 (僕が生まれた年!!)
日本公開:1961年 10月25日
上映時間:2時間
制作国:アメリカ
監督・製作:アナトール・リトヴァク
脚本:サミュエル・テイラー
撮影:アルマン・ティラール
音楽:ジョルジュ・オーリック

トラック販売会社の重役ロジェ・デマレ(イヴ・モンタン)と室内装飾家のポーラ(イングリッド・バーグマン)は5年来の恋仲。
2人とも中年だがまだ十分に魅力がある。ところがロジェは最近、仕事が忙しくパリに住むアメリカ人の富豪バンデルベッシュ夫人の邸の室内装飾にポーラを推薦すると彼女を同行しながら自分は先に帰ってしまった。
1人で夫人を待つポーラの前に夫人の1人息子フィリップ(アン
ソニー・パーキンス)が現れた。
以来、25歳の熱い思いをささげるようになった。 フィリップはポーラとロジェの仲が単なる恋愛関係で結婚していないことを探り出した。
一方ロジェは、ポーラとの約束を取り消して他の女と旅行に出た。それをフィリップが目撃した。
やがてフィリップはポーラのアパートで暮らすようになった。
ロジェは2人の情事を知った。彼女を愛していながら彼には腹立たしさが先に立った。鋭くポーラを問い詰めたまたま彼女の年のことに言い及んだ。心を傷つけられたポーラはフィリップのもとへ戻っていった。ロジェは酒と女におぼれた。
が、2ヵ月後、ナイトクラブで他の女を連れたフィリップを見て心が痛んだロジェはポーラと会い改めて自分の愛を告白した。その夜、ポーラはフィリップに別れ話を持ち出した。
あまりにも2人の年が違いすぎる、と。ポーラとロジェは正式に結婚した。
さよならをもう一度 さよならをもう一度
さよならをもう一度 さよならをもう一度

劇中、ブラームスの交響曲第3番第3楽章(ポコ・アレグレット)が、いろいろなアレンジで使われている。
後で知ったが、フランソラーズ・サガンとユル・ブリンナーがエキストラとして酒場の場面に出演。
ナイトクラブ歌手を演じているのはダイアン・キャロル。ゴールデン・グローブ賞を受賞したこともある歌手なのだそうだ。

さよならをもう一度 さよならをもう一度

ポーラがフィリップに別れを告げ、彼が階段を駆け下りる時、「I am old! I am old! I am old! I am old!」と泣きながら口にするのが印象的だった。

冒頭と最後のシーンも印象的。
最終的にはロジェと結婚するのだが、両シーンとも食事の約束をしているのにロジェから断りの電話が入るのである。
ロジェは他の女とお出かけなのである。
冒頭のシーンはともかく、最後のシーンは悲しい。
ポーラが可哀想。
女性関係がいい加減な会社重役と、勤労意欲に欠ける覇気のない男性(今時用語だとチャラ男?)、どちらを選ぶべきなのでしょうかねぇ・・・。

ポーラの家で働いているギャビーもかわいらしかった。
いい味出してたなぁ。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in 映画 and tagged , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です