豊川稲荷秋季大祭 (鎮座祭)

大提灯花車

豊川稲荷秋季大祭の写真を撮りに出かけてきました。
豊川稲荷秋季大祭について 豊川市観光協会より引用。

豊年感謝祭であり、神輿渡御や稚児行列が賑やかに行われます。
一日目には豊年を感謝し、国家安泰・万民豊富を祈願する祈祷会が行われ、続いて本殿から鎮守堂までの神輿の渡御行列が始まります。
渡御行列は、白狐の面をつけた若衆の後に信徒代表・稚児・雅楽の一団・神輿・僧侶が続く賑やかなものです。
翌日、神輿は鎮守堂から本殿まで渡御し、大祈祷会が行われます。祭の一週間前から、水をかぶって心身を清めた僧たちが連日大祈祷会を行うことと、日本屈指の大提灯が掲げられることでも有名です。
このほか、ステージでは大正琴や和太鼓の演奏、境内では飲食の無料接待もあります。
また、同日表参道商店街では「「いなり楽市」が開催されており、軒下戸板市やストリートパフォーマンス、名物ちんどん屋行列など、楽しい催しがたくさんあります。

境内には高さ10m・直径5mの一対の大提灯が掲げられるため「大提灯まつり」とも呼ばれ、夕闇とともに点灯されるその姿は実に幻想的です。

総門 総門を入ったところの屋台 幟におばさんの名前がある

総門と総門をくぐったところの屋台。
幟には山彦のおばさんの名前が・・・。

大道芸猿回し大道芸猿回し

毎度おなじみ、大道芸猿回し。
大人も子供もとても楽しんでいる。

大提灯大提灯

大提灯。
いつ見ても大きいなぁ。

大提灯大提灯

大提灯を裏から見たところ。
建物と比べると、その大きさがよく分かる。

花車花車

こちらの提灯は、花車。
たくさんの提灯は、柿や稲など、今年収穫されたものを表現しているのだそうだ。
夕方、参拝者にお餅が配られ、その方々が、この提灯に火を点ける。
とても綺麗である。

本殿内の御輿御輿殿

本殿内の御神輿と、普段御神輿が収納されている御輿殿。

稚児行列稚児行列
稚児行列白狐の面

稚児行列、かわいいね。
白いおきつね様はお金が好きなのです。
固いお金より柔らかいお金が好きなのだそうです。

笙太鼓
僧侶御輿渡御

稚児行列の後ろには笙や太鼓をたたく人と僧侶たち。
僧侶の手からは花びらのような紙片が放たれ、それを持っていると一年間、健康でいられるという。

御輿渡御御輿渡御

御輿の重量は2トンもある。
御輿を担ぎ、練る時のかけ声は「豊年じゃ、豊年じゃ、三百年の豊年じゃー。」

御輿渡御方丈様

御輿渡御。
毎年22日は、本殿から鎮守堂に運ばれ、お泊まりをする。
23日は、逆に鎮守堂から本殿に帰っていく。 右の写真は豊川稲荷方丈様である、本宮顕道氏。

門前そば山彦本殿 おじさんが好きだった撮影アングル

豊川稲荷門前に位置する、門前そば山彦
名物の「いなほ稲荷寿司」は絶品である。
他にもきしめん、そば、うどんなど、何を食べてもおいしい。

右の写真は、山彦2代目の山本俊根氏が好きだったお稲荷さんの撮影アングル。
今年5月31日に逝去されてしまって、とても寂しい。
天国で「やっぱり、オレはこの位置からのお稲荷さんが好きだなぁ。」と言ってくれていると思う。


今日は平日と言う事もあり、参拝の方が少なかった。
その分、外国人観光客が多く感じた。
明日は、祝日なのできっと賑わう事だろう。


本殿でお賽銭を投げてお祈りしていると、隣で柏手をたたいているおじさんがいた。
喋っているのを聞くと中国人観光客のようだ、なるほどね。
ただ、この方々が御神輿を担いでいるのには少々違和感を感じた。
なにか、観光イベントとか、国際交流とかあるのだろうか?


This entry was posted in イベント and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です