朱花の月 (日本)

なんだか久しぶりに映画を観る気がする。
今日の映画は「朱花の月

朱花の月 表朱花の月 裏

スタッフ
監督 河瀬直美
脚本 河瀬直美
原案 坂東眞砂子
撮影 河瀬直美
美術 井上憲次
音楽 ハシケン
録音 伊藤裕規
編集 河瀬直美
製作年 2011年
製作国 日本
配給 組画
上映時間 91分

キャスト
拓未 こみずとうた
加夜子 こみずとうた
哲也 明川哲也
よっちゃん 麿赤兒
拓未の祖父 小水たいが
拓未の母 樹木希林
拓未の父 西川のりお
加夜子の母 山口美也子
よっちゃんの少年時代 田中茜乃介

香具山、畝傍山、耳成山。
大和三山のほぼ中心に位置する藤原宮跡では、今も発掘作業が進められていた。
ベルトコンベアで運ばれていく土の塊は、古の人々の魂にも重なり合う。
鯉のぼりがたなびく奥明日香の集落、栢森=かやのもりに暮らす木工作家の拓未(こみずとうた)は、数年前にこの地に移り住んできた。
多くを語りたがらない彼は、古民家を自分で改築し、村のおばあちゃんに畑作りを習い、ようやく自分の居場所を見つけ出す。
こうして生活を始めた頃、かつて同級生だった加夜子(大島葉子)に再会する。
染色家の加夜子は、紅花の真紅の液体に布をくぐらせた滴る血のような朱花色に魅せられており、その色は内に秘められた彼女の狂気にも似ていた。
恋人で地元PR紙の編集者、哲也(明川哲也)と長年一緒に暮らしていた加夜子だったが、再会した拓未といつしか愛し合うようになる。
ツバメが巣作りを始めた工房に流れる穏やかな時間。
それはあたかも、戦前、互いに想いを寄せ合っていたにもかかわらず、添い遂げることのできなかった加夜子の祖母・妙子(大島葉子)と拓未の祖父・久雄(小水たいが)に代わり、その想いを遂げようとするかのようだった。
幸せな時を過ごす2人だったが、加夜子が身籠ったことをきっかけに、平穏な日常に変化が訪れる……。
その小さな命の存在に戸惑いながらも、生まれ来る命を待つ決心をする拓未。
一方、哲也は加夜子から拓未に対する気持ちを打ち明けられても、変わらぬ愛で彼女に向き合おうとする。
そして大好きな藤原宮跡に出かけた拓未は、突然、考古学者(麿赤兒)に声をかけられ、発掘現場を案内される。
奇妙な偶然……。
その気配は、戦時中の祖父と考古学者=よっちゃんの少年時代(田中茜乃介)へと交錯してゆく。

『朱花(はねづ)』とは
万葉集に登場する朱色の花。赤は血や太陽、炎を象徴する一方、もっとも褪せやすいがゆえに、貴重な色とされている。
その褪せやすさに重なる人の世の無常や儚さを、タイトルに託している。
朱花の月朱花の月
朱花の月朱花の月
朱花の月朱花の月
朱花の月朱花の月

朱花の月 ロケ地

朱花の月 ロケ地

とても幻想的な映画だった。
飛鳥時代、藤原京・・・この辺りは何も分からなかったが、それでも楽しめる映画だった。
もちろん、いろんな事を知っていればもっと楽しめたのかも知れないが。

妻の反応は「う~ん、いまひとつ。」だったが。


今日は「無常素描」も観たかったのだが、午後からオカリナとの練習があったりで、断念。
残念だった。
妻は「無常素描の方が良かったかも。」と、本当かぁ?

無常素描 表無常素描 裏
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in 映画 and tagged , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です