SS君から年賀状が来て・・・。

昔ギターを習ってくれていた、SS君から年賀状が来た。
ここ数年、返信が来ず、少し心配していた。

が、無用な心配だった。
今も東京でサラリーマンをしながら、バンドもやっているそうだ。

「前々から胸張ってみせられるようになってから挨拶に行こうと思いつつ、恥ずかしながらなかなかそのようなレベルに達しません。」と書かれていた。
なんとなく、そんな気もしていた。
が、そんなことはない、がんばっている。
かっこいいバンドで良いサウンド作ってる!!

僕は未だに彼のことを、勝手に一番弟子と思っている。
上手にギターを弾く子は数名いるが、あそこまでギターにハマった「ギター小僧」は未だにいない。
それに、僕がこの仕事に転職してから初めて出会った「スジのある子」だったからである。
何だかとても嬉しい。!!

昔から、飲み込みが早い子であった。
1998~2003まで在籍していたと思う。
始めたのが確か小学6年生だったから、今は26才くらいか?

小学生の頃は、クラシックギターを弾いていた。
素直な子で、楽譜も嫌がらずに読んでくれていた。

1998年10月17日、相方の谷川さん主催の東栄町でのコンサートが彼のデビューである。
確かディズニーソングを二重奏で弾いたと思う。
他にも「りんごじゃむ」と言う喫茶店で彼と二重奏をしたり、ソロを弾いたりしていた。
ご両親にも見て欲しかったのだが、 頑なに拒む彼であった。
おとなしくて、素直な子であったが、すごく頑固なところがあった気がする。 

中学生になって、エレキに持ち替えたような気がする。 
それからは、エレキ一直線。

中学校から高校生位になる時に急激に背が伸びて、膝を壊して部活(バレー部?)を断念したのを覚えている。

ずっとエレキを弾いていた彼だが、高校一年の時、音楽の授業で「好きな楽器で2曲弾きなさい。」と言う課題があった時に「『アルハンブラの思い出』と『禁じられた遊びのテーマ』を弾きたいんですけど・・・。」と言い出したことを覚えている。
彼の持っているクラシックギターは、子供用で小さすぎたので、僕のを貸して練習してもらった。
翌週には「アルハンブラの思い出」を暗譜していて、驚いた記憶がある。
レッスン後、妻が「今の俊祐君が弾いとったの?」と聞いてきた。
もちろんそうなのだが、僕の弾く音とそっくりだったのだそうである。
喜んでいいのか分からないが、僕もそう感じた。

今は、すっかりエレキギターのようである。
たまには、ナイロンも弾いてね!!

何だかとても嬉しく、いろいろ書いてしまった。

彼のバンド THE ATTRACTIVE 応援してね!!
 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in レッスンにて and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です