WP-DBManager – データベースを最適化、バックアップ

WordPress を使っていると、たまに画面が表示できなくなる時がある。
こんな時は、データベースを最適化すれば直るのだが、これを自動化してくれるプラグインを発見。
おまけにデータのバックアップも定期的に行ってくれる。
とても便利なプラグインが「WP-DBManager」!!

こんな便利なものを作ってくださった GamerZ 様、ありがとうございます。

今回ダウンロードした「WP-DBManager」のバージョンは「2.63」。

■ ダウンロード 「プラグイン」→「新規追加」から「WP-DBManager」を検索。
「いますぐインストール」して、有効化。

■ 有効化後、次のエラーが出る。
Your backup folder MIGHT be visible to the public
どうやら、「バックアップフォルダーが公の場から見えてしまいますよ。」と言うことらしい。
僕の環境では、バックアップフォルダーにアクセスしても見えていなかったが、このメッセージが気持ち悪いので、言われる通り、次のことを行った。

WP-DBManager インストール後のエラーメッセージ
  1. wp-content/plugins/wp-dbmanager フォルダにある「htaccess.txt」を wp-content/backup-db フォルダに移動。
  2. 移動させた「htaccess.txt」のファイル名を「.htaccess」に変更。
  3. 「wp-content/backup-db」ディレクトリーのパーミッション707をに変更。
これでエラーがなくなる
WP-DBManager インストール後のエラーがなくなった
○ ちなみに htaccess.txt の中身は以下の通り。
<Files ~ ".*\..*">
order allow,deny
deny from all
</Files>

■ 設定 「Database」→「Backup DB」をクリックすると、次のエラーがでていた。

Backup DB 画面でのエラーメッセージ
  • 「MYSQL Dump Path」と「MYSQL Path」を設定しないといけない。
    「Database」→ 「Database Options」で以下を設定。
    WP-DBManager 「Database」→「Database Options」 Database Options 画面
    Path To mysqldump Path To mysql に以下を記述。
    Path To mysqldump:/usr/local/mysql/bin/mysqldump
    Path To mysql:/usr/local/mysql/bin/mysql
  • WP-DBManager を利用するときに起動する admin.php を、CGI として動作させるための設定。
    ( Xrea では PHP を CGI として動作させないといけないので、その設定をする。)
    「wp-admin ディレクトリ」に、以下の内容を記述した .htaccess をアップロード。
    <files admin.php>
    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
    </files>
    
これでエラーがなくなった。
Backup DB 画面でのエラーメッセージがなくなった

■ その他の設定 「Database」→ 「Database Options」で以下を設定できる

変更したのは次の2カ所。

  • ファイルは「Gzip 圧縮」。
  • E-mail backup は利用しない。

■ 手動でバックアップしてみる
「Database」→「Backup DB」と進み、「GZIP Database Backup File?」を「Yes」にして「Backup」をクリック。

手動でバックアップ
○ バックアップできた
手動バックアップ完了画面
○ FFFTP の「wp-content/backup-db」にバックアップファイルが作成された。
FFFTPで確認したバックアップファイル

■ WP-DBManager の各画面

  • Database データベース情報、テーブル情報などを閲覧できる。
    Database 画面
  • Backup DB
    手動でバックアップが可能。
    「GZIP」で圧縮するかどうかの選択もできる。
    >Backup DB 画面
  • Manage Backup Database
    既に作成されたバックアップファイルを確認できる。
    ダウンロード、リストア、削除、メール送信も可能。
    Manage Backup Database 画面
  • Optimize DB
    指定したテーブルの最適化ができる。
    Optimize DB 画面
  • Repair DB
    指定したテーブルの修復ができる。
    Repair DB 画面
  • Empty/Drop Tables
    指定したデータ、テーブルの削除ができる。
    Empty/Drop Tables 画面
  • Run SQL Query
    SQLクエリ実行が実行できる。
    Run SQL Query 画面
  • Database Options
    「データベース、バックアップフォルダーのパス」および「自動スケジュール」を設定できる。
    Database Options 画面
    Path To Backup: バックアップフォルダーへのパス。
    Maximum Backup Files: バックアップファイルの数。これより増えると古いものから削除される。

    Automatic Scheduling
    Automatic Backing Up Of DB: バックアップ間隔とファイルを Gzip で圧縮するかどうかのを設定。
    メールアドレスは既定で、自動入力されている。
    ここを空白にするとバックアップファイルは送信されない。
    Automatic Optimizing Of DB: 最適化する間隔の設定。
    Automatic Repairing Of DB: 修復する間隔の設定。
    Automatic Scheduling はいずれも「Disable」にすれば、自動化を停止できる。

  • Uninstall WP-DBManager
    WP-DBManager を完全に削除するには、ここからアンインストールする。
    Uninstall WP-DBManager 画面

This entry was posted in WordPress and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">