息子、大学合格する

今日は息子が受験した静岡大学の合格発表日。
10時・・・どきどきしながら、静岡大学の合格発表のページを見る。

「あった。」

「よかったあ・・・。」

そう思ったら、息子が起きてきた。
受験票を探しているようだ。

父 「ほら、発表見ろ。」
悠 「あっ、あるじゃん・・・。」

いつものように飄々としているが内心は嬉しいのだろう。

早速お母さん(妻)にメールする。
電話がかかってくる。
母 「本当?? 見間違えてない?」 
父 「悠も見たよ、間違いない。」

どうやら、嬉しすぎて気が動転している様子。

考えてみれば、息子よりもがんばっていたかも知れない母。
帰ってきてから、自分の目で確認してやっと納得したようだ。

息子は担任と部活の顧問の先生に電話した。
「なんて言われたの?」と母が聞くと・・・。
第一声は二人とも、「えっ、うっそー!!」だったそうだ。

これまでの経過を見ると先生のお言葉も納得できる。
ただ、やはり運も実力のうちかも知れない。

受験当日に山彦のお稲荷を食べていった御利益もきっとあったに違いない。
何しろ、朝から5個も食べていったのだから・・・。

山彦のお姉さんにも電話してご報告申し上げた。 
「本当、良かったねぇ。御利益あったね。おめでとうございます。」
お姉さんも一緒に喜んでくれた。 

とにかく、よかったよかった!!


This entry was posted in 日記 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です