ギターのサドルを加工した。

昨年の秋くらいから、常用しているギターの6弦10フレットを鳴らすと、音がびびるようになった。

ずっと直したかったのだが、なんやかんやで出来ずにいた。

3月中旬、思い立って直したくなった。
ノギスを買って、サドルの厚みを測って、サドルを購入して、やっとこさ今日作業にかかった。

購入したサドルの厚みは「2.5mm」。
現在とりついているものは、「2.4mm 弱」 だったが、すぐに削れるだろうと思っていたが、これが間違っていた。
作業台は丸椅子。
がんばって、荒目のペーパーでこすってみるものの、なかなか厚みが落ちない。

「そうだ、たかし君ならきっと何とかしてくれる。」
と思い立ち、木工室  CriCri へ出かける。

 CriCri に着いてたかし君と話していたら、すーさんもやってきた。

「弟子たちライブ楽しかったね~。」 

あれやこれや話していると・・・。

「あんとんさん、これでどうですか?」

測ってみる。

2.4mm ピッタシ。

「さすが、プロだね~。」と感心してしまう。

タカシ君はささっと治具を作って、荒目の木工ペーパーを木っ端に巻いてささっと削ってくれた。

タカシ君の作ってくれた治具

 「どうぞ、持ってって下さい。」と言ってくれたので、ありがたく頂いて帰ってきた。
たかし君、いつもありがとう!!

家に戻ってギターにはめてみる。
やはり、まだ少し削らないといけないようだ。

 サドルを削る。

さくさくっと削って厚みを調整後、高さも調整しサドル完成。
サドル加工完成

 ギターに取り付けてみた。
加工したサドルを取り付けてみる。

そして、弾いてみた。
残念ながら目的だった6弦のビビリは治らなかった。 
ネックのそりやフレット浮きなどがあるのかなぁ・・・。

でも、1弦側のビリツキはなくなったし、右手のハーモニクスは少し弾きやすくなったし・・・。
加工も楽しかったから、よかったよかった。


今日は玄関で作業していたのだが、ディーディーは後ろで、ずっとスヤスヤしてました。

ディーディー

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in 日記 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です