人生はビギナーズ (アメリカ Beginners)

今日の映画は「人生はビギナーズ」。
今日は、ユナイテッド・シネマ豊橋18で鑑賞しました。

人生はビギナーズ リーフレット 表 人生はビギナーズ リーフレット 裏

スタッフ
監督 マイク・ミルズ
脚本 マイク・ミルズ
製作 レスリー・ウルダング 、 ディーン・ヴェネック 、 ミランダ・ドゥ・ペンシエ 、 ジェイ・ヴァン・ホイ 、 ラース・クヌッセン
撮影 キャスパー・タクセン
美術 シェーン・ヴァレンティーノ
音楽 ロジャー・ネイル 、 デイヴ・パーマー 、 ブライアン・レイツェル
音楽監修 ロビン・アーダン
編集 オリヴィエ・ブッゲ・クエット
衣裳デザイン ジェニファー・ジョンソン

作品データ
原題 Beginners
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム=クロックワークス
上映時間 105分

キャスト
オリヴァー ユアン・マクレガー
ハル クリストファー・プラマー
アナ メラニー・ロラン
アンディ ゴラン・ヴィシュニック
ジョージア メアリー・ペイジ・ケラー
オリヴァー キーガン・ブース
ショーナ チャイナ・シェイバーズ
エリオット カイ・レノックス

38歳独身のアートディレクター、オリヴァー(ユアン・マクレガー)は、ある日突然、父・ハル(クリストファー・プラマー)から「私はゲイだ」とカミングアウトされる。
それは44年連れ添った母がこの世を去り、癌を宣告された父にとって、これからは本当の意味で人生を楽しみたいという告白であった。
元々は厳格で古いタイプの人間だったハルだが、そのカミングアウトをきっかけに若々しいファッションに身を包み、パーティやエクササイズに精を出し、若い恋人まで作って新たな人生を謳歌。
一方、オリヴァーの友達は仕事と犬。
元々の臆病な性格故か、父のカミングアウトに戸惑いを隠せない。
父と母の間に愛はあったのか。
二人の間に生れ育った“僕”とは。
そんな様々な過去に戸惑うオリヴァーとは裏腹に、父の生き方はとても潔かった。
父の振りまく愛に、周囲の人は素直に心を開き、また父も素直にその愛を受け入れた。
身体は癌に冒され、確実に最期の日は近づいていたが、決して心は衰えることなく、今までのどんな時よりも前を向いて生きようとしていた。
そんな父と語り合った母のこと、恋人のこと、人生のこと……。
オリヴァーはこの語らいの中で、父もまた親や母との距離において多くの葛藤を抱えながら生きていたことを知り、改めて自分自身の生き方を見つめ直していく。
だがそんな時に訪れた、父との永遠の別れ。
再び自分の殻に閉じこもってしまったオリヴァーを心配した仲間は、あるホームパーティにオリヴァーを無理やりに連れ出し、彼はそこで風変わりな女性・アナ(メラニー・ロラン)と出会う。
人と距離を置きながら生きてきたアナは、父を亡くしたオリヴァーの喪失感を優しく癒し、オリヴァーはアナの優しさに心を委ねていく。
まるで初恋の時のような強さでお互い惹かれ合っていく似た者同士の二人。
幸せな日々が続いていたが、アナがオリヴァーの家で暮らし始めた頃から、何かが今まで通りにいかなくなり、またしてもオリヴァーは一人になることを選んでしまう。
昔のように愛犬アーサーと取り残されたオリヴァーだったが、父の最期の“教え”が彼の背中を強く推すのだった・・・。

オリヴァーとアーサー アナとアーサー
ハル (クリストファー・プラマー) ハル (クリストファー・プラマー)
アナ (メラニー・ロラン) オリヴァーとハル

公式サイトを見れば分かるが、本作品はマイク・ミルズ監督のプライベートストーリーなのだそうだ。
感想は・・・犬のアーサーがとても可愛かった!!
もちろん他にもあるが、今の自分にはちょいとピンと来ない映画かも知れない。

ただ、最近たまに気になる「結婚しない男女」、「子供を作らない夫婦」などを見ていると、まれにこの映画が何かの影響を与えるかも知れないなぁ・・・と、ほんの少しだけ思う。


今日は、ユナイテッド・シネマ豊橋18で観たので、買ってしまった、ポップコーン。
期間限定「北海道バター醤油味」ってのを買ったのだが、これがまたしょっぱいのである。
全部食べられなかった、こんな事初めてである。
普通のにしておけば良かった・・・と後悔。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in 映画 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です