オブリビオン (アメリカ Oblivion)

今日はユナイテッド・シネマ豊橋18オブリビオンを見た。

引っ越ししてから、映画が観られなくてずっとストレス。
それをぶっ飛ばしてくれるような、いい映画でした。

20130623oblivion-02.jpg 20130623oblivion-01.jpg

作品情報

エイリアンの襲撃で人類が他の惑星に移住した近未来の地球を舞台にした、トム・クルーズ主演のSFサスペンス。
地球に居残った主人公が謎の女性と遭遇し、人類の存亡をかけた戦いに巻き込まれていく。
謎のヒロインを演じるのは『007 慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコ。
監督は『トロン:レガシー』のジョセフ・コシンスキー。


スタッフ
監督 ジョセフ・コシンスキー
脚本 ジョセフ・コシンスキー 、 ウィリアム・モナハン 、 カール・ガイジュセク 、 マイケル・アーント
原作 ジョセフ・コシンスキー 、 アーヴィッド・ネルソン
製作総指揮 デイヴ・モリソン 、 ジェシー・バーガー
製作 ピーター・チャーニン 、 ディラン・クラーク 、 ダンカン・ヘンダーソン 、 ジョセフ・コシンスキー
撮影 クラウディオ・ミランダ
美術 ダーレン・ギルフォード
音楽 M83
編集 リチャード・フランシス・ブルース
衣裳デザイン マーリーン・スチュワート
メイク ローランド・ブランカフラー
キャスティング マルシア・ロス

作品データ
原題 Oblivion
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 126分

キャスト
ジャック・ハーパー トム・クルーズ
ジュリア・ルサコヴァ オルガ・キュリレンコ
マルコム・ビーチ モーガン・フリーマン
サリー メリッサ・レオ
ヴィクトリア・オルセン アンドレア・ライズブロー
サイクス ニコライ・コスター・ワルドー
カラ ゾーイ・ベル

2077年、エイリアンの攻撃を受けて地球は壊滅する。
人類は他の惑星へ移住するが、ジャック(トム・クルーズ)は高度1,000mの上空から地球を監視するため、たった1人で地球に残っていた。
ある日ジャックは、墜落した宇宙船で美女ジュリア(オルガ・キュリレンコ)が眠っているのを見つける。
彼女は目を覚ますと、会ったこともないジャックの名前を口にする。
ジャックは断片的な記憶をたどるが、誰もいないはずの地球で、謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって拘束される。
ジュリアとビーチによって、ジャックと地球の運命が動き始める・・・。

20130623oblivion-40.jpg 20130623oblivion-39.jpg 20130623oblivion-38.jpg 20130623oblivion-37.jpg 20130623oblivion-36.jpg 20130623oblivion-35.jpg 20130623oblivion-34.jpg 20130623oblivion-33.jpg 20130623oblivion-32.jpg 20130623oblivion-31.jpg 20130623oblivion-30.jpg 20130623oblivion-29.jpg 20130623oblivion-28.jpg 20130623oblivion-27.jpg 20130623oblivion-26.jpg 20130623oblivion-25.jpg 20130623oblivion-24.jpg 20130623oblivion-23.jpg 20130623oblivion-22.jpg 20130623oblivion-21.jpg 20130623oblivion-20.jpg 20130623oblivion-19.jpg 20130623oblivion-18.jpg 20130623oblivion-17.jpg 20130623oblivion-16.jpg 20130623oblivion-15.jpg 20130623oblivion-14.jpg 20130623oblivion-13.jpg 20130623oblivion-12.jpg 20130623oblivion-11.jpg 20130623oblivion-10.jpg 20130623oblivion-09.jpg 20130623oblivion-08.jpg 20130623oblivion-07.jpg 20130623oblivion-06.jpg 20130623oblivion-05.jpg 20130623oblivion-04.jpg 20130623oblivion-03.jpg

 全国ロードショーするようなアメリカ映画は中々観ないのだが、予告編を見たときに何故か「見たい!!」と強烈に思った。

SF は昔から大好き。
ストーリー展開も途中で読めてしまうのだが、それでも楽しい。
僕の中では「インディー・ジョーンズ」のようなイメージ。
久々の映画で引越疲れも吹っ飛びましたぁ!!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in 映画 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です