固定ページにカテゴリー別、投稿者別に投稿を表示する

知人のサイトを作成していて、固定ページに投稿を表示しなければいけなかった。
ふたつの固定ページを作成してそれぞれ投稿者別に表示させるのである。
どうしたものかと検索すると、どうやら固定ページに PHP を書き込んで表示させるらしい。

が、

僕が使っているテーマは Weaver と言うものなのだが、これには最初からその機能が備わっていた。
半日以上かけて調べたり実験したのだが、灯台もと暗しであったなぁ・・・。

Weaver 君ありがとう。

操作は簡単。

まず、新たに固定ページを作る。
エディター内に何かを書く必要はなし。

画面下の「Weaver Option For This Page」を見る。
 20131024weaver02.gif

この中の「Settings for “Page with Posts” Templates」を操作する。
20131024weaver03.gif

Category
特定カテゴリーの投稿を表示したい時、ここにカテゴリーのスラッグを記入。
複数条件を指定する時はカンマで区切って指定する。
例:Cat1,Cat2
Single Post
特定の記事を取り出したい時は、ここに投稿のスラッグを記入。
Tags
特定のタグが付いている投稿を表示したい時、タグのスラッグを記入。
Order by
並び替えの方法を指定する。(投稿者、時間、タイトル、ランダム)
Sort order
並べ替えを昇順にするか降順にするか指定する。
ここで、小文字で「asc」とか「desc」と書くと以下のように Weaver 君に怒られてしまうので、大文字で書く事。
20131024weaver01.gif 

Posts per Page
固定ページに記事をいくつ投稿するかを記入。
例えば「5」と記入する5つの投稿が表示され、残りの投稿は画面最下部で Author投稿者別に投稿を表示したい時、ここにカテゴリーのスラッグを記入。
複数条件を指定する時はカンマで区切って指定する。

あとは、作成したページを公開して完成!!


できあがったページを見て思ったのだが、下にある左の画像のように、「WP Social Bookmarking Light」の各種ボタンが表示されてしまった。
ちょいとかっこわるいので、これを右のようにしたかった。

20131024weaver04.gif 20131024weaver05.gif 

「wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/modules/」内にある「content.php」を編集した。

◆変更前

function wp_social_bookmarking_light_the_content( $content )
{
    if( is_feed() || is_404() || is_robots() || is_comments_popup() || (function_exists( 'is_ktai' ) && is_ktai()) ){
       return $content;
    }


◆変更後

function wp_social_bookmarking_light_the_content( $content )
{
    if( is_page(array('foo','bar')) || is_feed() || is_404() || is_robots() || is_comments_popup() || (function_exists( 'is_ktai' ) && is_ktai()) ){//◆ここを変更
       return $content;
    }


これで、固定ページ名のスラッグが「foo」と「bar」のページには「WP Social Bookmarking Light」の効果がかからなくなる。

めでたしめでたし。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in WordPress and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です