ギターを弾く姿勢

最近ギター教室にはいった、中二のSさん。
ギターを弾く指先がとてもなれた感じなのでどんな感じで練習しているのか聞いてみた。

すると、「畳の部屋なので、右膝をたてて、その上にギターを乗せて練習しています。」とのこと。

つまり、左足は膝から足が畳についていて、右足は足が畳についていて、太ももと畳が平行な状態。
その右太ももの上にギターを乗せて弾いているというのである。
(伝わってるかな?)

***************************************************************
12月18日、Sさんが練習姿勢を見せてくれた。
20131218sakura.jpg
***************************************************************

僕   「えぇぇぇ、そんな姿勢で疲れない?」
Sさん 「すごく疲れるので5分くらいで休憩します。」

だろうなぁ、僕もやってみたが疲れる。
だが、もしかしてうまくギターを抱えられれば、指・肘・肩など自由になるのかも?
彼女はまだレッスン2回目くらいなのだが、皆さん苦労する左手の形がよいのである。
とても、ギターを買ってもらって2ヶ月程度とは思えない。

そこで今日、別の生徒さん(入会して3ヶ月目くらい)で試してみた。
彼女は高校生。
上の話をして「ちょっとやってみる?」

やってくれた。

だが、ギターを抱える事さえままならない。

「ギター弾けませぇん。。。」と言う彼女に、

「いや、きみが普通だと思う。」と答えておいた。

皆さん、お時間がありましたらお試しください。
よろしければ感想などいただけると嬉しいです。


This entry was posted in プチおもろい話, レッスンにて and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です