Windows 7 を USB メモリからインストール

お客さんとか友達のパソコンに Windows 7 をインストルールするに当たって、DVD を持ち歩くのは面倒なので「USB メモリでできないものか?」と思っていた。
(もちろん、自分の場合もそうなのだが、自分の場合はシステムごとバックアップしているのでとりあえずはあまり必要なさそうなのだが、まぁ向学も兼ねて。)

で探し当てたのは以下の記事。

Windows 7のインストールUSBメモリを作る(Windows 7 USB/DVD Download Tool編)

要は Windows 7 インストールDVD をイメージファイルにして、上記ツールを使って インストール USB メモリを作成できるのである。
イメージファイルさえ作成できていれば、「イメージファイルの場所」と「USB メモリーの場所」を指定するだけ、簡単である。

ツールのダウンロード先はこちら。

CodePlexProject Hosting for Open Source Software

ちなみに、できあがった USB メモリ内のファイル群を HDD などにバックアップしておいて、何かの時に再度 USB メモリにコピーすれば再使用もできる。
この時、USB メモリは NTFS でフォーマットしておいた方がよい・・・のかな?
いや、これでしか実験していないもので。

とにかく、便利便利。
これで DVD 持たずにすむので、持ち運ぶ時も楽々!!


This entry was posted in アプリケーション and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です