ネックだけのギターを

昨日午後から、使えなくなったギターのネックだけを取り出そうと、張り切ってみた。

ギター初心者の方は、とにかく「左手が難しい、動かない。」と言う。

脱力がなかなかできない。

それは、ギターの大きさ、重さのせいではないかと思っていた。

なので、ネックだけ取り出せば、少しでも力の抜き方、コツをつかんでもらえるかと思い、分解してみた。

シュレッドネックってのも販売されているんですが、たまたま使えないギターがあったので作ってみたくなったのです。

20141224-001.jpg 20141224-003.jpg

こんな感じにばらしちゃいましたぁ。

このギターはリサイクルショップで格安で頂いた物です。

ばらばらにするのは申し訳ない気もするけど、これから違う意味で頑張ってもらおうと思います。

20141224-010.jpg

 

すこしずついじって・・・。

 

 

20141225-002.jpg 20141225-003.jpg

 最後までこの部分をどうしようかと思っていました。

ネジで弦を留めてもいいんだけど、出っ張りがでるし・・・。

こんな時に頼りになるのが木工室クリクリのタカシくん。

今日の午後にでかけていって穴を開けてもらいました。

塗装していない部分に斜めに穴を開けてもらったんだけど、こんな事できるんだね。

プロは違うわぁ。

20141225-001.jpg

で、完成。

これを生徒さんに触ってもらって少しでも脱力感覚を理解してもらえたら嬉しいです。

役に立つかな?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in レッスンにて and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です