WordPress をローカル環境コピーする

WordPress で投稿する際、動作が重いのでローカル環境に移植したかった。

XAMPP というとても便利な物があって、以前からインストールしていたのだが、やっとその気になったので WordPress を移植してみた。

XAMPP のインストールからデータベースのインポートに関してはいろんな方が細かに解説してくれているので、以下のサイトを参考にさせていただいた。
とても丁寧に解説してくれています、ありがとうございます。

それで、データベースインポートまでは出来たのだが困ったのは次の2点。

  1. インポート後、以下のエラーが発生してどうにもならない。

    Server error!

    サーバ内部で障害が発生し、 リクエストに応えることができませんでした。 サーバが過負荷であるか、 CGI スクリプトにエラーがあります。

    サーバーの障害と思われる場合は、ウェブ管理者までご連絡ください。

    Error 500

    localhost
    Apache/2.4.4 (Win32) OpenSSL/0.9.8y PHP/5.4.19

     

  2. データベースの URL 置換はどうするんだろう?

 

1. に関しては、 「 C:\xampp\apache\conf 」 の最終行に以下を追加して解決。
この問題に関しては、「OXY NOTES」様のサイトに詳しい解説があった。
とてもためになりました、ありがとうございます!!

 

 2. に関しては、「infoScoop開発者ブログ」様の記事を参考にさせて頂いた。
こちらも、とても役に立ちました、ありがとうございます!!
要は、「データベース内部にシリアライズされたデータが存在するので、テキストエディターで置換するだけではダメですよ。」と言う事らしいです。

なので、 DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT IN PHP というスクリプトを使って置換すればよいとの事で、僕もこれを使用させて頂きました。

ちなみに、「シリアライズ」に関しては、 hijiriworld Web 様が以下のページで丁寧に解説してくれています、参考になりますよ!!
覚えておきたいシリアライズ serialize


実際に困ったのはこれくらいです。

あとは、「WP-DBManager」や「wp-config.php」でのパス書き換えを忘れて動作しなかったくらいです。


で、実際にローカル環境でこの投稿も書いているわけですが・・・。

確かに、web で作業するよりいい感じではありますが、ダッシュボード画面への遷移、投稿プレビュー、サイト表示など、意外と遅いのですね。

これから、プラグインとか見直せば、もっとスカッと表示されるんでしょうか?

ちょいと残念な感じがするような・・・。

でもこれでテンプレート変更とかプラグイン試用とかが気楽に試せそうです。

いい感じ!!

お世話になったサイトの皆様、ありがとうございました!!


This entry was posted in WordPress and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です