朝散歩

ディーディーの調子が良さそうなので、田んぼまで散歩に出かけました。

トラクターに乗って作業している方も見えました。

そろそろ春ですね。

20160305-003.jpg 20160305-002.jpg

歩いていると、奥さんが

「今年は申年だで、梅つけるかなぁ。」と

「えっ、何で?」と聞くと

「聞いたことない?よくそういうじゃん。」だって。

なので調べてみました。

申年の梅が珍重されるワケ?
 
健康食としても馴染み深い梅。特にサル年に収穫される梅は、縁起が良いといわれています。
 
平安時代、村上天皇が疫病に苦しむ人々を梅を使って救い、また自らが病で倒れた時にも、梅によって克服したという言い伝えがあり、それが申年だったことから、申年の梅が薬として広まったという説があります。
 
また、天明の飢饉の時に、村上天皇の故事に習った紀州藩だけは、梅干によって死者がほとんど出なかったと言われ、その年がやはり申年でありこの年に漬けた梅だった、とも言われます。
他にも「病が去る」といった語呂合わせから、縁起をかついているんだとか。
 
いずれにしろ、昔から梅は、薬のように珍重されていたんですね。

申年の梅が珍重されるワケ?  |  食育大事典 |食育まめ知識と健康レシピ満載!あなたの健康生活をサポート

なのだそうです。

縁起がよい、病気にかからないように、ですか。

それでは奥さんおいしく梅つけて下さいね。


This entry was posted in 日記 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です