西田佐知子

最近の僕のトレンドである。

西田佐知子さんのレコードをギターの生徒さんのお宅で聞かせてもらった。

西田佐知子さんと言えば「コーヒールンバ」くらいしか知らない、と思っていたが、「ウナ・セラ・ディ・東京」とか「女の意地」とかも歌っていたんだね。

そのほかにも「アカシアの雨がやむとき」とか「ベッドで煙草を吸わないで」と言う曲も知っていた。
「初めての街で」と言う曲もあって、これは「菊正宗」のコマーシャルでも使われていたので知っていた。

その中に、「エリカの花散るとき」と言う曲があって、とてもお気に入り。
この曲もたいそう流行ったのだそうですが、僕は初めて聴きました。

何がいいって、なんだか「ゆるーい。」感じがするのです。

歌はもちろん上手だし、バックも機械音がしなくて人間っぽい、すごく暖かい感じ。
レコードジャケットも昭和って感じがする。
レコード針の音も心地よい?。

それにJASRAC なんて文言も入ってないし。
せせこましくないのですよ。
「仕事なんて明日、5時過ぎたから、もう今日は遊びに行く。」って感じ。

いそがしくないゆったりのんびりゆるーいのです。

先日、田原の図書館に行った時に、CD のコーナーに全く同じ CD があったので、借りてきました。

ちょっとした時にパソコンの中から流れています。

一緒に借りてきた「Jonny Winter」のブルースと共に・・・。

ひゃあ、なんて取り合わせ・・・と思うでしょ。
でも、以外と合う気がするんだけどね!!?

コメント