プラスチックを曲げてみた

ピエゾピックアップを研究している中でプラスチックの曲げ加工をしたくなりました。
以前からやってみたかったんですが、中々機会がなくて…。

方法は意外と簡単です。
はんだごてのコテ先を取り外し、アルミ棒を取り付けます。

DSC_0398.JPG

DSC_0399.JPG

DSC_0400.JPG DSC_0406.JPG

僕のはんだごての直径は 4mm だったので、はんだごての小手先に 直径4mm、長さ 30cm のアルミ棒を取り付けました。

DSC_0403.JPG

この辺りを狙って曲げてみます。

動画では、コツが分からなかったので押さえつけてしまっているんですが、そんな必要もないようです。

ただ、熱の加わり方がこんな小さなものでも偏るみたいなので、均一にするためにアルミ棒に当たる部分を動かしながら熱を加えるといいと思います。

僕のはんだごてだと、先端から 10cm 位の所で熱をかけることができました。
これは余談ですが、アルミ棒を 30cm に切断したんですが 20cm でよかったですね。
30cm だと、僕の事務所には上手くしまえる場所がないんですよ。
明日、切っておこうっと!!

DSC_0407.JPG

圧電素子を取り付けるためのプラスチックが出来上がりです。

別に曲げなくてもよかったといえばよかったんですけどね。

まっ、やってみたかったので…。(*^_^*)♪

コメント

  1. […] こちらの記事にも書いたのですが、プラスチックを曲げたくてチャレンジしたのですが、面倒くさがりで不器用な僕には難しく、手こずっていました。 […]