クラシックギターのマイク

ずっと続けているコンデンサーマイクとピエゾマイク作り。

なかなかうま行きません。

で、日曜日から今日にかけてまた作りました。

ピエゾはレジンで直接固められないので

まず、前回の失敗を元にピエゾに直接レジンを盛ることはできないとわかったので、どうしようと思い、ドリンクのキャップを使うことにしました。

で、ちょうどいいサイズのキャップを探しにやまやまで出かけました。

サントリーの天然水のキャップがいい感じでした。

DSC_0874.JPG DSC_0875.JPG

こんな感じで収まる予定です。

DSC_0876.JPG

あまり高さをとりたくなかったのでカッターで切りました。

DSC_0877.JPG

電池も一体化したかったので、まずキャップの上に電池ホルダーをエポキシで固定しました。

DSC_0884.JPG

スポンサーリンク

コネクターをけずった

コネクター底面にダボがあったので、やすりで削りました。
少しでも高さをおさえたかったんです。

DSC_0885.JPG DSC_0886.JPG

コネクター高さは約 5mm になりました。

DSC_0888.JPG

もう一カ所、実装の際に半固定抵抗に当たりそうな箇所があったので、これもやすりで削りました。

DSC_0895.JPG DSC_0894.JPG

コンデンサーマイクをパイプに入れる

コンデンサーマイクは基板に接着するつもりでした。
コンデンサーマイク単体だと、長さが 3.5mm しかないので、プラパイプで長さを稼ぐことにしました。

DSC_0889.JPG

スポンサーリンク

配線完了

とりあえず配線完了。
ここまでで、日曜の深夜1時すぎまでかかっちゃいましたよ。

DSC_0900.JPG DSC_0899.JPG

実体配線図のようなものです。

DSC_0898.JPG

レジンで固める

で、今日になりました。

まず、ピエゾキャップをエポキシで接着して、音が出るかチェックしました。

とりあえず出たのでホッっとしました。

DSC_0911.JPG DSC_0912.JPG DSC_0913.JPG

コンデンサーマイクの周りにアルミ箔を巻きました。
この空間にスポンジを入れようと思ったのです。
この写真で見えるアルミ箔の向こう側をエポキシで接着して、レジンが回り込まないようにしようと思っていたんですが…ボケッとしていてエポキシ接着を忘れたために、レジンがこの隙間に流れ込んでしまいました。
スポンジ封入計画は失敗…と言うより、計画倒れです。orz

DSC_0914.JPG

まっ、上のアルミ箔は剥がして、気を取り直してレジン盛って紫外線照射!!

DSC_0915.JPG

紫外線に頑張ってもらっている間に喫煙しました。
で、またしてもやらかしてしまったことに気づきました。
コネクターの後ろは穴が開いているんです。
そうなんです、なのでコネクターの穴の中はレジンがトロ~リ。
いそいで、爪楊枝とテッシュで中のレジンを取り出しました。
なんとか、導通は確保できましたよ。

スポンサーリンク

で、完成。

まず、メッチャかっこ悪い!!

DSC_0916.JPG DSC_0917.JPG

以前作ったものと比較してみました。
左側にはピエゾとコンデンサーマイクしか入っていないんですけどね。

DSC_0918.JPG DSC_0919.JPG

半固定抵抗と電池とコンデンサーと抵抗を入れると左のケースより少し大きくなりますが、やっぱりケースの方が見た目はいいですよね。(泣)

DSC_0920.JPG

こんな感じに取り付けてみました。

DSC_0921.JPG

スポンサーリンク

録音した ピエゾ編

「カヴァティーナ」 作曲:スタンリー・マイヤーズ

使用ピエゾ 録音データ
今回のピックアップ
こちらで実験したデータ
2018-0611-ピエゾ-1

今回の方が音が固い感じですね。

今回はギターのボディ→ピックアップ土台 (ABS 樹脂 t=1mm) →両面テープ→ピエゾ真鍮部分
前回はギターのボディ→養生テープ→両面テープ→ピエゾ真鍮部分

なので、ピックアップ土台の厚みが効いているんでしょうか?
ピックアップの針付け位置が今回の方が低音弦よりなせいもあるのかな?
う~ん、分かりません。

ただ、以前使っていた下の画像のピエゾも今回と同じような構造なんですが、こんな音ではなかったような…。
(もっと感じのいい音だった気がします。)
DSC_0025.JPG

録音した コンデンサーマイク編

「カヴァティーナ」 作曲:スタンリー・マイヤーズ と 「風の間奏曲」 作曲:佐藤弘和

使用ピエゾ 録音データ
今回のピックアップ
以前作成したこのピックアップのデータ

以前録音したデータと比べると明らかに音量が違う…。

波形を見てもこの通り。

2018-0710 波形比較.png
上が今回の波形、下が以前作成したピックアップの波形です。

なぜ、なぜなんだぁ…!!

考えられるとすれば、コネクタにレジンが入ってしまったための接触不良でしょうか?
それなら、ピエゾにも影響するよね。

もっ、もしかして UA-25EX の入力ゲインが違うかも…。
ダメじゃん大事なところだよこれ。
いや、だんだんこれが原因かも…と思うようになってきた。
だってコンデンサーマイクの音色自体は悪くないもんね。

記憶がないので…このデータはあまり参考にしないようにします…(泣)。

スポンサーリンク

反省点・失敗事項

  • コネクター後部にレジンが入らないようにすること。
  • コンデンサーマイクにスポンジをかぶせたかったら、こちらも目止めをすること。

って、レジン関連の失敗ばっかじゃん。

注意力が散漫ですねぇ。

その他感じたこと

  • なぜか生音に違和感を感じた。
    明らかに音が違うのです、なんでだろ?
  • 今回のピックアップ、以外というか想像通りというか…重い。

今後の展開

もういい加減にしないと、ギターの練習ができないのでそろそろやめる。

って訳にもいかず、最後にもう一つだけやっておきたいことがあります。

以前も書いたんですけど、今使っているマルチネスと言うギターには「マイクをつける。」って決めていたんです。
だから、フォークギターのようにエンドピン用の穴を開けたんです。

なので、以前アマゾンで購入したピエゾを再度ギター内部に貼り付け、コンデンサーマイクはサドルあたりに取り付ける。
シールドはボディー内部から引き出す。
ピエゾとコンデンサーマイクの音量比をつけるためのボリュームやコンデンサー、抵抗、電池はサウンドホールあたりにつける。

今度はこれをやろうと思います。

今回作ったピックアップも、両面テープで貼り付けるのがいやでなければニーズはある気がするんですけどね。

はぁ…練習しないといけないのに…。

まっ、がんばります!!

コメント