ピエゾ研究 レジンでパッケージ前後で音量差が出るのか?

以下のページでも記載したとおり、レジンでパッケージすると音量がすごく小さくなった。

失敗…。
またまた失敗。

で、こちらのページでリベンジした訳ですが、実際のところレジンパッケージ前後で音量の差がどれくらい出るのか知りたくなって実験しました。

レジンパッケージ前後のピエゾ

これがレジンパッケージ前のピエゾ。

DSC_0045.JPG

これがレジンパッケージ後のピエゾ。

DSC_0051.JPG

ピエゾの黄銅部分が振動するように、かつ配線がショートしないようにピエゾ電極部の上に厚めの両面テープを貼ります。

DSC_0047.JPG

で、レジンでパッケージして、UV ライトさんに頑張ってもらいます。

DSC_0050.JPG

で、できあがったのがこちら。
両面テープの上にはシールドとして銅箔テープを貼っています。
その上をレジンが覆っています。

DSC_0118.JPG DSC_0119.JPG DSC_0117.JPG

スポンサーリンク

実験方法

実験方法はこちらのページと同様です。

Bluetooth スピーカーをギターに乗せて、その振動をピエゾで拾います。

  1. スピーカーはギターのボディーに接する方向に向いています。
  2. ススピーカーの音量はミュート状態から「+7」の位置に設定しました。
  3. 音を出すスマホの Bluetooth への送信音量は MAX に設定しています。

DSC_0044.JPG

今回はピエゾを貼り付ける位置を下の部分にしたので Bluetooth スピーカーの左端位置は①弦ラのフレットにしました。

DSC_0046.JPG

録音データ

これも前回の実験と同じく、以下の3種類を録音しました。

  1. 開放弦の和音とアルペジオ
    僕が弾くので定量という訳にはいかないんですが、一応録音しました。
  2. メトロノームの音
    レッスンなどで使用している「Soundcorset」と言うアプリのメトロノーム音を録音しました。
    Screenshot_2018-07-18-10-38-13.png
  3. 映画「Midnight in Paris」のサントラから「Si Tu Vois Ma Mère」の冒頭約 30 秒。
スポンサーリンク

実験結果

和音とアルペジオ

ピエゾの状態 録音データ
レジンパッケージ前
レジンパッケージ後

メトロノームの音

ピエゾの状態 録音データ
レジンパッケージ前
レジンパッケージ後

Si Tu Vois Ma Mère

ピエゾの状態 録音データ
レジンパッケージ前
レジンパッケージ後

パッと聴くだけで音量差はそれほど感じない気がするんですが、どうでしょう。
まっ、僕としては「この方法でレジンパッケージすれば、音量は変わらない。」と言う結論にしました。

で、波形です。

2018-0816 レジンパッケージ前後の波形.png

上がレジンパッケージ前、下がレジンパッケージ後の波形です。

何でかパッケージ後の方が波形としては大きな音量になっています。
ギターに貼り付ける両面テープの粘着具合とかですかね?

とりあえず、気になっていた実験が出来てよかったです。

ただ、メインの実験はこれじゃなかったんですけどね…その結果はいずれまた。

コメント