シェリーが避妊手術を受けました

シェリーが避妊手術を受けました。
午前にマック動物病院にでかけました。
シェリーは先生のことを好きなのですがどうなっちゃうかなぁ…。
最初はこんな風に外面でいつものように愛想が良かったんですがだったんですが…。

後で考えるとこのポーズ、「ねぇ、帰ろうよぉ…。なんか嫌だよぉ…。」って言っていたんだと思います。

麻酔の前にすごく痛い鎮痛剤を足に打つんです。
ミー君の時は、すごく痛そうに「にぁ〜ん!!」と鳴いたのを覚えていたのでシェリーも心配でしたが、意外なほど静かでした。
びっくりはしたようです、痛い事されるなんて思ってなかったんでしょうね。
その後麻酔を数回打ったんですがだんだん機嫌が悪くなってきました。

団々意識が遠のくに連れて、なでてあげようと思ってもすごく怒って噛みそうになります。
僕たちのことだけでなく、人間の事を信用できなくなっちゃうんじゃないかと心配になりました。

手術台まで一緒に行きました。
シェリーはもう意識がありません。
あとは先生にお任せです。

いろんなことがすべて人間のせいだと思えてきました。
「人間って勝手だよなぁ…。」!そう思いました。
痛い思いさせてごめんね。

奥さんは午後、お休みでミー君と一緒にいました。
いつもなら昼寝するのですが、それもせずずっと鳴いていたんだそうです。
シェリーがいないせいだろうと思います。
いつになく甘えた感じでもありました。
ディーディーがいなくなった時と似ていました。

夜9時頃、さすがに眠くなったのか、この場所で寝ていました。
シェリー、明日の朝には帰ってくるからね。

明日の朝一番にお迎えに行きます。
レッスンがあるので奥さんに任せようと思ったのですか、やはり僕も行くことにしました。
術後の話は奥さんに聞いてもらって、シェリーを連れて帰ってこようと思います。
シェリー、待っててね、すぐに行くからね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました