すべての悩みは取り払われて

郷愁 mai kamada

クリスマスといえば、サンタクロース、サンタクロースといえばフィンランド、と言うことでフィンランドの作曲家レーヴィ・マデトヤの「すべての悩みは取り払われて」を弾いてみました。

原題は「Arkihuolesi kaikki heitä」、作者のレーヴィ・マデトヤ(Leevi Antti Madetoja, 1887/2/17 – 1947/10/6)は、フィンランドの作曲家・音楽教師です。

フィンランドの音楽家と言っても、シベリウス、ヘイノ・カスキくらいしか知らないんですけど…。

フィンランドと言えばサンタクロース、ムーミン、エア・ギター世界選手権とか世界サウナ選手権がありますね。
陶器・ガラスメーカーのイッタラ、マリメッコ・アラビア、通信事業会社のノキアなども有名ですね。

もちろん行ったことはないですが、映画の「かもめ食堂」でいろんな風景を見て、とても美しい国というイメージがあります。

2014年12月号の現代ギターという月刊誌で小関佳宏さんがこの曲を紹介してくれており、YouTube でラヤトン (Rajaton) というグループが歌っているのを聴いてますます好きになりました。
ぜひラヤトンの素晴らしいコーラスも聴いてみて下さいね!!


皆さんのクリスマスが楽しくなりますように!!

Have a merry Christmas !!

コメント