オリンピックのバレーボール

昨日の男子バレー、中国に負けてしまった。
ここで勝っておかねばいけなかったのだが・・・今後が苦しくなってしまった。



それにしても、日本側のサーブの時にはすごいブーイングである。
いかにも「アウェイ」という感じ、あれではやりにくいだろう。
自国を応援する気持ちは分かるが、どうして相手国を避難するような応援をするのだろう、理解できん。
(相手に対するブーイングをやめよう、と呼びかけている中国のボランティア団体もいるらしけどね。)

それに線審のジャッジ。
昨晩の試合でも中国チームのサーブなどが線審により「イン」と判定されたものが主審によって「アウト」に翻されたものが3回はあった。

バレーの攻防は早いのでスロー再生しないとテレビでは判別できないものが多いのだが、どう見ても「アウトだろー!!」ってのが「イン」の判定。これは主審判定で翻ったから良かったが。

主審、副審は試合当事者の国以外の人らしいが、線審は中国の人らしい。
息子(一応バレー部)に「線審は当事者国の人でいいのかぁ。」と聞くと、
「あの人たち、会場ではたらいてる人じゃない?観客かも・・・。」と訳の分からない返事。

テレビを見ていると、どうしても自国びいきになってしまうが、少なくとも日本での試合のように微妙なジャッジは「リプレイ」してほしいものだ。(判定が覆らないとしてもね。)

それと、テレビのアナウンサー、もっと応援してくれよー。
なんだか、発言が後ろ向き。
冷静な発言なのかも知れないが、音声をカットしたくなるよ。

あと、最大の疑問。
何で試合開始時間があんなに遅いの?
今日の女子バレーだって多分深夜12時くらいからだよ。
応援も大変だが、あれじゃ選手たち、体もたないって。
(日本チームだけじゃなくてね。)
この疑問、なんでか誰か分かる?
分かる人がいたら、教えて。

何だか愚痴っぽくなってしまったが、それでもとにかく、

がんばれニッポン!!

もちろん、バレー以外もがんばれー。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in 日記 and tagged . Bookmark the permalink.

One Response to オリンピックのバレーボール

  1. take says:

    たぶん、アメリカの放映権に関係あると思います。水泳の決勝レースが現地時間の午前中に行われるのも、向こうのゴールデンタイムに合わせていると聞いたことがあります。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です