ジョンとジュリアン

  

ずっと聴きたかった音源を入手した。
すんごく、うれしい、しあわせ。
(レコードは両方とも持ってるんだよ。)

高校生の自分に戻った感じ。
ギター、好きだったなぁ。
今も好きだけど、他には何もなかった気がする。

忘れないように音源内容をメモメモ。

■ジョンの音源(レコードしかないのである。)
Arnold and Brouwer Concertos
76715
Recorded December 1977
Released 1978

Producer: Roy Emerson
Engineer: Mike Ross-Trevor

with London Sinfonietta
cond. Elgar Howarth
Malcolm Arnold: Guitar Concerto Op. 67
Alegro [06.12]
Lento-Vivace-Lento [11.02]
Con brio [04.00]

Leo Brouwer: Concerto No. 1 for Guitar and Small Orchestra
Punteos [07.44]
Ragas [09.12]
Sonatas y Montunos [11.43]

■ジュリアン・ブリーム(こちらはCDがあるようだ。)
ボッケリーニ:「ギター五重奏曲第7番ホ短調G.451」
・ボッケリーニ:「ファダンゴ(ギター五重奏曲第4番ニ長調G.448より)」*
・ハイドン:「弦楽四重奏曲第8番ホ長調Op.2-2」(ギター四重奏用編曲版)
~ ジュリアン・ブリーム(g)クレモナ弦楽四重奏団、 ジョージ・マルコム(cemb)*【録音】1967年(原盤:LSC-3027 RCA Victor RED SEAL DYNAGROOVE)

※でも、何かが足りない・・・。

※これだ、これがない・・・レコードはあるのに
 Guitar Quintets (写真3)

 レコードプレーヤーほしい。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in 音楽室. Bookmark the permalink.

2 Responses to ジョンとジュリアン

  1. あんとん says:

    > きんちゃん
    ほしいのよ、レコードプレーヤー (絵文字まで CD しかないや。)

  2. きんちゃん says:

    これないと困る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です