The Duo Live at House of Crazy

フライヤー01.jpg20160112-004.jpg20160112-005.jpg

昨日はハウスオブクレイジーへ鬼怒無月さんと鈴木大介さんのユニット、「The Duo」を聴きに行きました。
ライブ後はお話しに熱中しすぎて写真取り忘れました、残念。
終演後になんとか大介さんの写真だけ撮れたので掲載です。
(鬼怒さんすみません。)

「おいしい水」で始まりお二人のオリジナル曲、2部ではビートルズの曲も弾いてくれました。
アンコールでは「黄昏のビギン」を聴かせてくれました。

個人的には「スウィート・フィフティーン」「メラネシアン・サンズ」(曲名をはっきり覚えていないのですが・・・。)がとてもカッコ良くて素敵でした。

おふたりの発する音がとても心地よく、MC も楽しいライブでした。
MC の中で今回のツアーのテーマは「自業自得」、「他力本願」だとのことです。

2曲目が終わった時に大介さんが
「端から見るとなんてこと無いかも知れませんが、『今マイクを握るのも勘弁して欲しい。』と言う状態なんですよ。自分で作っておいて何ですが・・・自業自得ですね。」

MC で鬼怒さんが話しに詰まるとお客さんから助け船がでて「他力本願ですねぇ。あっ、今回のツアーのテーマはこれにしよ。『自業自得』と『他力本願』。(笑)」

鬼怒さんがブラジルのお知り合いから聞いたという Fmaj7も面白かったです。
「6弦のファだけ押さえて、後は開放弦で『Fmaj7』だというのよ、僕はちょっと弾くのは・・・ためらうなぁ。」とおっしゃっていました。
が、大介さんはある曲の終わりでこれを使っていた気が・・・。
大介さん曰く「いや、結構いいかも。」

とにかく、迫力満点のライブでした。
一緒に出かけた皆さんも「いいねぇ。」、「すごいねぇ。」と大満足のご様子でした。
旧来の友人で、作曲・指揮などをしている鈴木君も「ギターっていいねぇ。」と感動していました。

終演後は、大介さんにスカイの話、ジョン・ウィリアムスの話、もちろんギターの話、たくさん伺えることが出来てとても嬉しかったです。
なんだか、ギター専門誌の中にいるようでした。

それといつも思うんですけど、こういうギタリストのライブを見ると「練習しよう!!」と思うのです。
普段は雑念が多すぎていかんですね。
すごくいい刺激を頂きました。

鬼怒さん、大介さん、素敵なライブをありがとうございました。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in イベント and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です