薄墨

喪中はがきを書いた。
薄墨の色を作るのに少々苦労した。

慶弔事に関して、全く疎いことを実感するこの頃である。

妻のお父さんが亡くなって、はや1月が過ぎた。

喪中はがきを作成した。

文字の色は薄墨で書くのだそうだ。

薄墨という単語さえも知らなかった。

なぜ薄墨という色を使うのかも知らなかった。

「昔じぃじぃが教えてくれたよ、『悲しみの涙で墨が滲んでしまうんだよ。』って。」

亡くなった義父から聞いた話を、妻が教えてくれた。

妻が涙を流した。

「悲しくなっちゃうね。」と声をかけた。

妻をそっと抱き寄せ、背中をポンポンと叩いた。

こんな僕でも少しは役に立つようだ、と思った。

コメント