またまた失敗。

またまたやらかしてしまいました。
と言うより、やらかしていました。

「クラシックギターのピックアップ」の記事中のマイクなんですけど、ピエゾ配線部分の処理は何もしていなくて、UV ライトをお借りしたときにレジンで固めたんです。

参考ページ:UV ランプを使用して「ハードタイプ」のレジンを固める

DSC_0247.JPG DSC_0251.JPG DSC_0677.JPG DSC_0676.JPG

で、昨日の投稿をした後思いついたんですけど、「やっぱりこれも音量落ちているのかなぁ…。」と思ったんです。

で、「クラシックギターのピエゾマイク実験」をしたときのデータと比べてみようと思った訳です。

DSC_0369.JPG

録音した

で、データがこちらです。

「カヴァティーナ」 作曲:スタンリー・マイヤーズ

使用ピエゾ 録音データ
2018-0626 レジンで固めたピエゾ
レジンで固めたピエゾ
2018-0611-ピエゾ-1
以前の実験で使用したピエゾ

やっぱり相当音量が小さくなっていますね。

2018-0630 ピエゾ入力波形

入力波形です、上が「レジンで固めたピエゾ」、下が「以前の実験で使用したピエゾ」の波形です。
こんなに違うんだ…ショック。

昨日の投稿では「エポキシ樹脂のせいで、」みたいに書いちゃいましたけど、レジンの影響も大きいんですね。

と言うことは、ピエゾをレジンでパッケージするのは NG ですね。

まだまだ道のりは長そうです。

頑張ります…。

コメント

  1. […] 前回、こちらの記事でピエゾをレジンで固めたら音量が小さくなりました。 […]