三千円

お昼にChieTapさんがやって来た。

お昼ごはんを食べたあと、レッスンに移行と準備していると「ピンポーン」と呼び鈴が鳴った。

出てみるとChieTapさんがいた。

「どうしたの?」

「あのー、三千円貸して下さい。」

「いいけど・・・どしたのさ。」

「ヤマナカへ行ったんだけど、
       その・・・お財布が・・・。」

どうやら、財布を忘れたらしい。

「家に戻ろうかと思ったんだけど、
    近くにあんさんさんちがあったので・・・。」

たしかに・・・僕の家はヤマナカから近い。
ChieTapさんに三千円をお渡してレッスンに出かける準備をしていると・・・。

「ピンポーン」とまた呼び鈴が鳴った。

「はぁーい。」

出るとそこには再びChieTapさんが・・・。
手にポーチを掲げて笑っている。

「ありましたー、お返ししまぁす。」

ChieTapさんは、つい先ほどお貸しした三千円を僕に返し、ヤマナカへ戻っていった。
なんとも、そそっかしいお方である。

「ChieTapさん、気をつけてねー。」

あと・・・

「ChieTapさん、これってネタぁ?。」

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
GREE にシェア

This entry was posted in プチおもろい話 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です